MacLaren MP4/4

page1
[1 2 3 4]





ノーズの切り離し。
ノコギリでカットしカット面を整えてから、0.3mmのプラバンを貼付けた。
これはノコギリで削れた分を補うのと、キレイな面をだすため。
接着剤が硬化してから余分な部分をカットする。





リアに取付けられる、オイルクーラーの上側のカバー。
プラパーツを削って薄くしようとしたが、ちょっと面倒なのと、
このあとの塗装などで強度が必要なので、洋白板で作り直してみた。
ボディとは別途塗装する。
カウルのエンド部分も薄くした。






ターボダクトの形状を変更。
上部からノコギリを入れて内部をくり抜き、最後に上にプラ板で
フタをします。
こうすることで高さを少し加えます。

実車画像を見ると、
キットのものより少し細身にしたほうが良さそうなので、
両サイドの外側を削る。
画像右・修正後、左フタを取付けた状態。






ヘッド部。
実車画像を見ると、少し幅を出したほうが良さそうなので1mm
ほど左右に広げた。
プラパーツ(右)を洋白板に置き換える際、1mmほど幅を出して、
上部には1mmのスペーサーをかませる。
もちろんコックピット側の取り付け部とカウルにも修正が必要だ。



R・ウイング、エンドプレート。
薄く加工するのは大変なので、真鍮板を切り出して加工。


Top Studioからスーパーディティールアップセットが発売されたので、
これを使ってみようと思います。
レジン、メタル、エッチング、・・・すべてのパーツがとても細かく、
合がどうとか苦戦しそうな予感ですけど。




top studio スーパーディティールアップセット。
様々なディティールアップパーツが入っている訳ですけど、
これらすべてを使うのは困難。
前後ウイングのエンドプレートはエッチングが反っていて、これは
使えないかな〜ってことで自作した物を使います。

それで、画像のようにこんなパーツも入ってます。が、しかし、
こうなるとノーズを切り離さなければ見えない場所なので
思い切ってノーズ切断!
う〜む、、、先が思いやられる(笑)


フロアーなど、エッジ部分を薄くします。
フロアの横や後ろなど、この頃のキットは結構厚みがあるので、上
側は平に広範囲に削り、下からは斜めに削って薄くします。
ミッションサイドのカウルも加工します。


ディフューザー下側のフィンと排気部分は、ディティールアップ
パーツのエッチングを使用。
どちらも元からついている物をカットして取付けます。
結構大変な作業です。

[1 2 3 4]

→working top