MacLaren MP4/4

page4
[1 2 3 4]
ウレタンクリアーが硬化したので研ぎ出しに入ります。
使用するものは、耐水ペーパー数種とコンパウンドです。
耐水ペーパーはタミヤのものを使用しています。
コンパウンドは、フィニッシャーズを使っています。ウレタンです
から削れ具合がサクサクしたものが好ましい。。。
耐水ペーパー、まずは#800でウレタンのポッテリ感やムラを
すべて落としてしまいます。
ここで仕上がりの善し悪しが決まってしまいます。
後は、その傷を消すために#1200~#2000~コンパウンドと移行 していきます。
耐水ペーパーなので、水を付けて削りカスを水で流しながら研ぎます。
水を付けないで削ると
必要以上に深い傷を生み出すことになるので注意です!
#800での磨ぎ出し。
ペーパーをかけたので、ツヤは無くなります。
#800の粗目なので、掛け過ぎに注意です!
あとはこのヤスリ目を消していけば艶が出てきます。

研ぎ出しを終えたら、カウル内側などを塗装します。
カーボンブラックマットを使用しました。
カウル側面などはマスキングして塗装。
コックピットなどのカーボン表現。
カウルのクリアー塗装と同時にカーボン系のパーツにも
ウレタンクリアーを塗装。

今度はその表面を#180のペーパーヤスリで表面に傷を付けます。
表面に傷を付けたら、ツヤを落としたクリアーを塗装していきます。
半ツヤだったり、つや消しだったり、マスキングをしながら塗り分けます。
塗装完了です!
コックピット前側部分には、半ツヤクリアーにほんの少し
クリアーオレンジを混ぜてとそうしました。
色が少し違って見えます。

[1 2 3 4]

→working top