FERRARI 2007

page1
[ 1 2 3 4 ]


モデルファクトリーヒロ F2007
インジェクションキットでも発売されている同マシン。
プラではなかなか出せない質感をを得られます。

個人的にプラよりもメタルやレジンのほうが、
リアルに表現しやすいかなと思う。
プラを完成させたとき、
プラと思わせないような表現も得意ではあるけれど。。。

さて、どう料理していくかご期待ください!





必要最低限のパーツを取り付けて、ディティールの確認をします。
この時点でどこを変更していくか探します。

ヒロさんのキットは、各パーツとてもシャープに作られています。
それだけに、手を加えないと逆に組み立てられないところも出て来る。
この段階では、資料とにらめっこです。



形状の変更を自分好みに修正しながら下地処理をしていきます。

それで、気になるところを一つ。
背びれ部分のエッチング。
これはとてもシャープにできています。 固さもあるのでとても扱いやすい!

ペーパーヤスリで仕上げる前に棒ヤスリでエッジを落としてあげます。 
エッチングの厚さは0.3mmぐらいかな。
サイドを削って0.1mmぐらいにしてあげます(面取りをしてあげる感じです)。
こうすることで更にシャープになるのと、塗料のノリも良くなります。 

取り付けている基部のレジンはナイフで少し多めにカットしてあげます。
そのあとパテを盛りつけて整えます。





ルーバー部分。
フィンの部分をシャープに加工します(右側・加工後)。
塗装の厚も考えて、穴は少し大きめに!
ルーバー部取り付け後、奥行きをもう少し出したいのでボディも少
し彫ります(左側・赤で囲った部分)。






ルーバーのフィン等は丁寧に加工しました。
サイドのフィンは真ん中に洋白線0.8mmを差し込み強度を付け
ました。
このあとはパテで修正していきます。


このミニウイングの処理はどうしようか悩むところ。
組み立ててカウルに接着してから塗装します。
研ぎ出しは大変そうだな。


ルーバー部、接合ラインの変更。
資料を見ると赤いラインが正解みたいなので変更します。





サイドフィンのエンド部分(赤い部分)は薄く仕上げます。


インダクション吸入口。
もう少しだけ厚みを付けて、形状を少し整えます。
コックピット内部、赤い斜線部分を削ります。
ヘッド部分(赤い斜線)。
資料を見ると、もう少し厚みがあるみたいなので、パテで厚みを出
します。
インダクション内部、ヘッド部分、背びれ、ルーバーまわり、パテ
を盛りつけ整形しました。
[ 1 2 3 4 ]
→working top