FERRARI 312T3

page8
[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ]



コックピット、F・サスペンション周り。
こちらも手の加えがいがあります!
メーター周りも楽しめそうですね〜
ブレーキダクト、カナダGPは残念ながらブラック!
でもレジンパーツを使って雰囲気が出てます!!!


F・ウイング。
メタルパーツを磨いてピカピカにして、デカールを貼付け、
それから半ツヤコートしてツヤを落としています。
翼端板は洋白板を切り出して塗装。
見え難いですが取り付けピンの表現もしています(実車でもほとんど
見えない)。



R・ウイング。
ほぼFウイングと同様の処理です!
フラップ部分に6つのピンを使用しています。




フロントセクション完成!
メーター周りパイピング。ステアリングロッド変更。
その他細かくパイピングしました。

その他の変更箇所は・・・いろいろ!





リアセクションほぼ終了!
ラジエターを少し塞いで、しゅうりょうかな?
パイピングもしたし、キルスイッチも作った。

あとはカウル、シールドとミラーを取り付けてシートを取り付けて完成!
スタンドも作らなきゃね!!!


シールドは2種類用意!
ブルーはジル車。
ご依頼主K氏によるバキュームの自作です。

これを取り付ける訳ですが、カウル側にメスは用意されておらず、
製作するのはとても大変でした!
そして取り付けピンなのですが、資料を見るとメタル製ではないらしい。
プラ素材のように見えるので、自作してシールド接着後に取り付けます



サイドのラジエターには、空気量を調整したと思われる赤い覆いが
されている。
気温が低い日にはブレーキダクトも半分ぐらい赤いテーピングが
さ れている。
こちらはカナダ仕様で、資料では左右幅の違うものが使われていて、
材質はよくわからないのだが、おそらくテープのようなものだと思う。
なので、プラバンの表面を荒らして筆で塗装してみた!


フロントダンパーの逃げ穴がカウルにあります!
キットでは塗装して終わりなのですが、ここはプラバンにて作り直
します。
ちょうど良いサイズのポンチが無く、4mmのもので切り抜きヤ
スリで少しずつ小さくします。
そしてたたいて上面に少しふくらみをもたせ取り付けます。
材質はゴムと思われるので、フラットブラックで塗装します。
周りにピンを埋め込むための穴をあけて、0.5mmのアルミ線を
埋め込みたいと思います。

***
今までの画像でもマシンに薄黒い汚れがいくつか見えますが、これ
はマシンに付着しているのではなくカメラ内部の汚れです。ご了承
ください。


[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ]
→working top