FERRARI 312T3

page7
[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ]



ミッション上部に取り付けられるオイルクーラー
ちょっとリアルに加工。
0.1mm厚×0.5mm幅の洋白帯を使って、ハンダで固定。




エキパイ下地。
継ぎ目はキレイに消して、サーフェイサー・グレーを筆で塗ります。
筆でハケ目とムラを上手く付けながら、少しボッテリ気味に仕上げます。





サスペンション等の仕上げ。
こちらも筆で仕上げます。
少しボッテリ気味に、塗料を多めにおいていく感じです。
エアブラシで塗装したほうが楽なのですが、筆のほうが雰囲気が出ます。

塗料は
フィニッシャーズのカーボンブラックマットとピュアブラッ クを
1:1ぐらいで調合しました。
メタル部分はそのままの質感を生かしてプライマー処理です。



エキパイ仕上げ!

サーフェイサーの後ファンデーションホワイトを塗り、エアブラシ
で焼き付け&汚れの表現をエアブラシでしました。
写真ではちょっとわかり難いかな。

左右の違いわかりますか?



リアブレーキ・エアインテーク。
これは、ご依頼主Kさんがレジンで抜いてくれました!
それに汚し塗装等を加えて。
プラではなかなかでない雰囲気!!!
ローターもいい感じ!



こちらはロイテマン、プラキット仕様のエンジン。
カウルをかぶせてしまうので
エアファンネル部分は隠れてしまいますが、
基本工作はしておきます。
メタルの質感も良い感じに仕上がった。
見える部分はディティールアップしていきます!



こちらはジル仕様のパーツをメタル化したエンジン!
元がメタルなだけに、表現はしやすい。
ホワイトメタルではなく、各種のメタルを使用しているところが
リアルさを引き立てる。

ブレーキダクトも良い感じ!
ウェザリングはほどほどに・・・

この後パイピングを施していく。


ラジエターホース自作。
エンジン周りのパイピングはディティールアップには欠かせない!
オーバースケールにならないようにするのがコツ!
チーズジョイントは1.2mmの洋白線をハンダ付け。



ラジエターパイピング取り付け(ジル車)。
雰囲気が出てきた!
写真、ロールバーは洋白線をハンダ付け。
オイルクーラーもパイピング済み。
プラグコードは細いものに変更。

この年代のマシンはこのゴチャゴチャ感が醍醐味!
雰囲気出てきたでしょ!!!

ここから更にパイピングは続く・・・


[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ]
→working top