FERRARI 312T3

page5
[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ]



ウイング加工。
形を整えて、磨きです!
仕上げる前に小細工を施しました。
この後ピカピカに仕上げて、デカールを貼り
クリアー塗装後、ツヤを調整します。





ウイングパーツ。
翼端板エッチングを使用したのですが、少し手こずりました。。。
デカールを貼付け、塗装の準備完了!



ウレタンクリアー塗装後。
今回はまた新たに入手した塗料を使いました!
従来の物よりも堅質のものです。
堅いということは、研ぎ出しが大変!ということに繋がりますが、
丹念に仕上げれば美しさは倍増します!
ツヤを落とすウイング類にも塗装して、その後磨いでからツヤを落
とします。




ホイールはアルミホイールを使用。
そのままだと内側のエッジがききすぎているので(右側2個)
ヤスリでほんの少し面取りをしてあげて、面はコンパウンドで磨きます!
当時のF1マシンらしさが出ます(左側2個)。




ディティールアップ。
0.8mmのパイプを加工。先端を丸めてカット!
爪楊枝より細くなると、拡大鏡がないと。。。
この後シルバー塗装して接着。


タイヤ完成!
センターのゴールドカラーはMr.カラーのブラスが良い感じ!
ロックナット・シャフトはメタリック系の濃いカラーで仕上げました。
見え難いけど、エアバルブも自作!
タイヤは表面を削り、キレイに洗います。



Rブレーキディスク。
右がプラキットのもので、左が硬質メタルパーツを加工したものです。
溝を堀り、板をはめ込みました。
これがなかなか大変な作業!
溝掘りは、メタルパーツなので失敗は許されません。

横に斜めのラインを筋彫り。
光っていますが表面を処理すると綺麗 になる予定。


ウレタンクリアー。
先日塗料屋に行って話をしていたら、新しいウレタンクリアーが有
る!というので早速購入した。
今までも実車用のものを使っていたけど、それの進化系のもので今
までのものより硬質とのこと。
硬質ということは、研ぎ出しはとても大変!が、しかし、キレイに
仕上がるはず!
経年変化も起こり難くなるだろうしね!

塗料も早いペースで進化しているので、時々足を運ばないと!

                                        

[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ]
→working top