FERRARI 312T3

page3
[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ]



こちらはカルロス・ロイテマン、イギリスGP仕様
プラキットを使いカウルを閉じたプロポーションモデルで製作します。
カウル分割ライン、カットしました!
組んだ時少しでもリアル感が出ると思います。

ジル仕様のものと並べて展示されます!




小さなパーツのバリ取りや整形。
指で固定するには限界があります。
そんなときは様々な道具で固定して作業します。

写真はエアファンネルですが、
12個あるのでこうして固定したほ うが整形しやすい!
丁度良い道具が無ければ、工夫して自作をするのも楽しいものです!







ヘッド部分を整形しました。
まずは形を整えてから、キルスイッチ部を開口したり
その他の部分を調整したり!

開口部分はそのままだとカウルの厚さが気になるので
裏側から薄 く削りました。

ほんの少しのことで、リアルに見えてきます♪






Fサスペンション周りの形状変更!
ご覧のとおり大手術になりました。
この後ラジエター周りを工作していきます!



ラジエターからフロントにかけて加工してみました。
真鍮板を使って、ちょいとリアルに。
雰囲気が出てきました。



コックピット周りのアルミの表現!
メタル化したので、そのまま研ぎ出して表現します。

写真は#2000のペーパー掛けを終えたところ、
この後ハード〜 ファインで仕上げます!

リベットの表現はもうずっと考え悩んでいたのですが、
新たな手法 で表現したいと思います。
その後マルチプライマー〜クリアー〜艶をおとして調整します!



リベットの表現をしてみました。

この後表面をコーティングします。




フロントウイング翼端板の製作

真鍮板とステンレス板にて製作。
真鍮板はボディカラーを塗装してジル仕様!
ステンレス板は綺麗に仕上げてロイテマン仕様!



[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ]
→working top